• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > マナーやルールを知って思い出に残る結婚式の招待状を出すには

マナーやルールを知って思い出に残る結婚式の招待状を出すには

結婚式の招待状の差出人は誰にすればいい?


初婚同士で結婚する場合、結婚式については何もかもが初めてのこととなるので、招待状の書き方や出し方についてわからないことが多いのは当然です。ホテルや専門式場の挙式費用には席次表をはじめとするペーパーアイテムが全て含まれている場合が多く、そのような場合には、いくつかあるサンプルのなかからフォームなどを選べばいいので悩む必要はありません。
ただ、二人の思いをより伝えたいとオリジナルで作成する場合には、いくつかの基本的なルールを理解しておくことが必要となります。必ず盛り込まなくてはならない内容としては、時候のあいさつ、日時や場所、氏名、差出人名、出欠の返事の締め切り日、会場の地図などがあります。もちろん、出欠を知らせる返信用はがきを同封することも忘れないようにしなくてはなりません。
二人の氏名を入れることは当然ですが、意外と迷ってしまうのが、差出人の名義です。普通に考えれば招待をする新郎や新婦の名前でよさそうですが、家と家の結びつきを重んじる古くからの慣習などにより、長い間、新郎、新婦、両家の親の名前を差出人とするのが一般的でした。最近では、披露宴の主催者が誰であるかをポイントとして、差出人の名義を決めるようになっています。
レストランウエディングや会費制パーティースタイルなど、さまざまな披露宴の形があるので、新郎新婦が自分たちの名義でゲストを招待するということもあります。また、ゲストの顔ぶれに合わせて、親と子の連名とする場合もあります。親の職場関係の上司などが多い場合や親戚を多く招待する場合などには、昔と変わらず親の名義とすることもまだあるため、二人で決めずに、両家の親ともよく相談して差出人の名義を決めることをおすすめします。

意外と知らないルールやマナー


差出人の名義だけでなく、結婚式の招待状にはまだまだ知らないルールやマナーがたくさんあります。文章を作成する際には、句読点は区切ることを意味するため使用しないことが原則となっています。句読点のかわりに一文字分を空けて記入します。漢字の使用にも気を遣うことが多く、例えば、普段よく使っている「御多忙のなか」の「忙」という字には、「心を亡くす」という意味があるため、「ご多用のなか」と改めるのが一般的です。
そのほか、縁が切れてしまうことを連想するようなことばや重ねる、返すなど、タブーとされることばもあるので、細心の注意を払いながら作成する必要があります。文書を作成したら封筒に入れて発送することになりますが、少なくとも披露宴の1カ月前までには、出欠の返事をもらえるように余裕をもって出すようにしましょう。
発送の際の封筒の表書きは、いわば招待状の顔となる部分です。毛筆で書くのが礼儀ですが、最近は筆ペンの性能も高くなっているので、それでも問題はありません。ただし、ボールペンや万年筆などで書くのは避けた方がいいでしょう。字を書くことに自信がない場合には、達筆な友人に頼む方法もあります。友人にも頼めない時には有料とはなりますが、席次表や宛名書きなどを専門としているプロの方にお願いすることもできます。
また、のし紙の水引と同じように切手にも慶事用のものがあるので、できればそれを使用するといいでしょう。封筒は、寿や金色の封緘シールを封じ目に貼って封をします。表書きの宛名だけでなく、裏面の差出人住所、氏名にも漏れがないかを確認してから発送するようにしましょう。

思い出に残る結婚式の招待状


結婚式の招待状は、結婚のプロローグであるとともに、遠く離れた親戚や友人に驚きと喜びを届けるサプライズにもなります。特に、あれこれと悩みながらオリジナルで作成した招待状は、あとあとまで思い出に残る素敵な宝物にもなるでしょう。文章の内容をオリジナリティー溢れるものにしたいのは当然ですが、一目見て深く印象づける視覚的な仕掛けを考えてみてはいかがでしょうか。そのひとつにフォームがあります。例えば、二人の職業にちなんだものをかたどって、医療関係者であれば白衣の形や薬袋の形、アパレル関係ならトップスやボトムスの形などにするのもおもしろいでしょう。
「私たち、結婚しました」と披露宴の時の写真を使った事後報告の写真付きハガキはよく見ますが、結婚前にツーショット写真が入った招待状を見る機会はあまりないため、インパクトがあります。最近では、招待状の裏面がアート作品のようになっていて、お部屋のインテリアとして飾ることができるものもあります。テーブルスピーチを頼む友人には、別途、メッセージカードを同封することになりますが、二人の思いをしっかりと伝えて、喜んで引き受けてくれるような心に響くメッセージを添えるといいでしょう。
式場に任せれば、手間をかけることなく確実に届けられる招待状ですが、素材やデザインに苦労しながらオーダーメードのセンスあるものを作成するのも楽しいものです。ITを活用してバーコードを添え、アクセスすると二人の動画が再生されるという仕掛けも斬新ではないでしょうか。マナーやルールを踏まえながら二人だけの思い出に残るものをつくってみてください。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求