• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > 名古屋のブライダルはおもてなしのよさで選ぶ!

名古屋のブライダルはおもてなしのよさで選ぶ!

ブライダルでのさまざまなおもてなし


結婚式・披露宴は、2人の最高の思い出を作るためのものであると共に、お祝いしてくれるゲストにこれまでの感謝を込めておもてなしする大切な場でもあります。名古屋のブライダルでもおもてなしの柱と言われるものがあり、プランニングの際に留意すべき点として参考にすることができます。まず、アクセスへの配慮です。ゲストには遠方から来られる方やお年を召した方などさまざまな方がいらっしゃいますので、誰でもスムーズに式場に来ることができる気配りが大切です。ブライダルに関しては式場側が全ての準備を担ってくれるため、発送される招待状に添えられる地図だけでは分かりにくいこともあります。最寄り駅からの案内図がある場合には、実際に歩いてみてかかる時間や分かりやすさをチェックすることが大切です。
徒歩10分以上かかる場合には、送迎バスの有無や利用できる交通機関などを調べて事前に知らせておくと喜ばれます。また、あまり時間がかからない場合でも遠方からのゲストや高齢の方が多い場合は、タクシーチケットを準備しておくといいでしょう。さらに、ブライダルの機会でしかその地を訪れることがない方のために観光スポットなどの情報を添えると便利です。着物やドレスなどを着て訪れるゲストが多いので、雨天時に濡れずに来られるアクセスルートや、会場入り口に最も近い駐車場の案内なども細かい気遣いとしてうれしいものです。
細かい気配りとしては、ゲストが座るテーブル席に関わるものもあります。ゲストの席次表を作る際には、目上の方に失礼のないように、なるべく知ったもの同士が同じテーブルに座れるように配慮することと思いますが、同じテーブルに座るゲスト全員が知り合い同士であるということはあまりありません。逆に初対面同士となる場合の方が多く、時としてぎこちない空間になってしまうこともあります。そんな時に席次表に短いプロフィールやコメントを添えておくと会話が弾み場を和ませることができるでしょう。ゲストの方々にとって居心地のいい空間作りをすることが、ブライダルでのおもてなしです。

ブライダル料理でおもてなし


結婚式に参加するゲストにとって大きな楽しみのひとつが料理です。当日提供される料理については、ブライダルフェアや試食会で十分に吟味されることと思いますが、その時のポイントとしているのは見た目やボリューム、味の良さなどでしょう。しかし、結婚式には小さなお子さまから高齢の方までさまざまな方が来られるため、それだけでは十分なおもてなしとは言えないかもしれないのです。
ゲストの中には、食物アレルギーのある方もおり、分からずに食べてしまうと場合によっては生命に関わることもあります。結婚式の案内状に食物アレルギーについての簡単なアンケートを添えてゲストに合わせたメニューをオーダーするのは大変なことですが、全ての方に楽しんでおいしく食べていただくためには大切な作業となります。事前に食物アレルギーの確認ができていると、アレルギー食材を違う食材に変更したり、ベジタリアン用の料理をオーダーしたりることが可能です。
また、幅広い年齢層の方がゲストとしていらっしゃる場合は、和食と洋食を個別に選べるような配慮があると喜ばれるでしょう。披露宴やパーティーには車で来られる方も多いため、日頃はアルコールを飲まれる方でも、当日は控えなければならない方もいらっしゃいます。また、お子さんや高齢の方、中には妊婦さんや授乳中の方もいらっしゃるので、ノンアルコールドリンクやジュースやお茶などのフリードリンクメニューを添えたりすると、細やかなおもてなしとして喜ばれます。さらに、席次表などの文字のサイズを大きくしたり、テーブル間の間隔を広くしたり、フラットな床面や車椅子でも利用できるトイレなどのチェックなどバリアフリーについてチェックしておくことも必要です。

名古屋のブライダルでのおもてなしの要


結婚式の雰囲気を決定づけるものとして、式場スタッフのサービスが挙げられます。ブライダルを専門として行う式場のスタッフは、最高のおもてなしをするために徹底した人材教育を受けているので、ゲストをスマートにエスコートしとっさの対応も手際よく行ってくれるのが一番の魅力と言えるでしょう。あえて厳しい目で事前にチェックするとすれば、初めての打ち合わせの時からその対応をしっかりと見ておくことが大切となります。初めて会場の見学に行った際に出迎えがあるか、専任者以外のスタッフの挨拶や雰囲気はどうか、ちょっとしたわがままなリクエストを出した時の対応はどうかなど、チェックポイントはいくつもあります。
自分たちが挙式をする前の土日に会場を訪れてみて、スタッフの動きやバタバタとしている中でのトイレの清潔度などをチェックしてみるのもひとつの方法でしょう。細かい気配りを重要視するカップルの中には、ブライダルフェアや試食会などの際に、笑顔を絶やさず細かい気配りができるスタッフの名前をチェックしておいて、打ち合わせの際にプランナーにリクエストされる方もいらっしゃるようです。
また、ウエディングプランナーの発想力や企画力も大切となるので、打ち合わせの際に新郎新婦の身になって素晴らしいウェディングを作りあげようという姿勢を見ることも必要となります。ホテルや旅館で一番身近でお世話をしてくれる仲居さんがその宿泊施設の顔であるように、ウエディングの顔はプランナーなのです。名古屋で結婚式を挙げる際にも、そのようなおもてなしのプロがスタッフにいるところを選ぶことで、間違いなく2人やゲストにとって思い出深い結婚式が挙げられるでしょう。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求