• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > 夏の結婚式の注意点や演出と引き出物や準備について

夏の結婚式の注意点や演出と引き出物や準備について

ゲストが気をつけたい夏の結婚式の注意点


夏に結婚式が開催されることは決して珍しくありません。実際に式場では夏に挙式できるプランを提供してくれるところも多いです。結婚は新郎新婦にとって人生で喜ばしい貴重な出来事です。そのため、挙式には大勢のゲストを呼ぶ方もいます。実際に招待状を貰った方もいるでしょう。夏の結婚式でゲストが気をつけたい注意点を紹介するので、知ることで役立てられるでしょう。
注意点のひとつに、涼しげな寒色系のドレスを選択するという点です。基本的に気温が高く暑い時期です。涼しげな格好であれば、季節に適しています。具体的なカラーは薄いブルーなどです。その他としては、汗が目立ちにくいドレス衣装を選択することです。実際に気温が高く暑さを感じる夏は汗をかく機会も多いです。確かに披露宴会場においては、エアコンが稼働しており涼しい環境で新郎新婦を祝福できますが、菓子撒きなど会場の外で行われるイベントが開催されることもあります。昼から行われるケースでは、気温が30度以上になることもあります。そのため、イベントに夢中になっていると汗をかいてしまうこともあります。そこで、汗の目立ちにくいドレスは重宝します。具体的にはノースリーブなどです。また色にも注意します。例えば、グレーや茶色などのカラーは汗をかいた時に目立ちやすいので避ける人も少なくありません。
その他のゲストの注意点は、会場に行くまでの間に汗をかいてしまうという点です。ゲストの中には車ではなく、電車やバスなどを利用して会場入りする人もいます。披露宴ではお酒などが提供されることも多いため、車の利用を控える人もいます。歩いたり、移動中に外にいる時間が長いと会場に着いた頃には汗だくになる可能性もあります。移動距離が長い人や汗をかくことが予想できる方は、できるだけ会場で着替えるようにします。暑いからと言って肌を過度に出すことは控えます。式場には新郎新婦の多くの関係者が集まります。新郎新婦が招待状を送った人の中には会社の上司もいる可能性があります。年上の人の中には過度な露出を不快に思う方もいます。また、新郎新婦にも迷惑をかける恐れがあるので、ノースリーブを着る際でも羽織モノを活用するなどの工夫が必要です。ヘアアレンジはアップを選択します。服装だけでなく、汗対策は髪の毛にも必要です。もし髪の毛をおろした状態で汗をかくと、髪の毛が汗で濡れてしまう可能性があります。アップにすることで髪の毛がべたつく危険性を少なくすることができます。

夏の結婚式の演出や引き出物


新郎新婦の中には夏らしい結婚式を開催するためには、どのような企画が相応しいのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。例えば夏らしい演出を実現するために、野外で流しそうめんの企画を取り入れる新郎新婦もいます。そうめんは自宅で食べることもあり、日本人には馴染みの深い食べ物です。昔から野外で流しそうめんをすることは夏の風物詩です。そのため、結婚式に取り入れることで夏らしい演出を実現できます。また、予算によっても異なりますが、新郎新婦の中には花火を企画として採用する人もいます。涼しさの演出を取り入れる新郎新婦も多いです。例えば会場で氷細工を取り入れたり、かき氷のサービスを提供することで、ゲストに涼しさを感じてもらうことができます。
ウェルカムボードやペーパーアイテムにも夏らしさを取り入れる人もいます。ウェルカムボードは結婚式で使われるアイテムです。例えば、海で過ごす新郎新婦二人の姿をウェルカムボードのデザインに採用することで、夏らしさを出すことができます。また引き出物に扇子を選ぶ人もいます。扇子は日本ならではの夏の道具で、最近はデザインも豊富で名入れのサービスを行っているところもあります。しかし注意点もあります。それは会場の温度を冷やしすぎないことです。基本的に気温が暑いのでゲストに気を遣って温度を下げすぎてしまう方もいます。もし、必要な時は掛け物などを準備して多くの人が快適に過ごせる会場作りをするようにしましょう。

夏の結婚式の準備をしよう


季節に関わらず、結婚式を開催するためには準備が必要です。例えば式場選びです。実際に日本で挙式ができる式場はたくさんあります。そのため、挙式をする際には迷われる方もいるでしょう。通常、式場を選ぶ時は予約が空いているか確認をします。実際にカップルの中には挙式日にこだわりがある方もいます。そのため、その日の予約が既に埋まっているケースもあるので、まずは予約ができるところを選択します。
次にプランに応じてどのぐらいの料金が必要なのかを確認します。式場によって当然料金は異なります。比較をすることでカップルに相応しい式場はどこなのかを把握できます。結婚式は人生で一度の大きなイベントなので、ゲストに楽しい場を提供したいと思われる方もいます。ゲストが楽しめる環境を作るためには、式場が提供する料理なども確認しておきたいです。会場によって味なども異なるので、ブライダルフェアなどに参加して比較しましょう。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求