• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > 女性が望む結婚式を考えていくこと

女性が望む結婚式を考えていくこと

女性の持っている結婚式の思いとかたち


結婚式とは、新郎新婦で協力して作り上げていくものです。自分たちだけの力で出来上がるものではなく、さまざまな人の手を借りて完成していきます。だからこそ、お互いの望みについても考えていかなければいけない部分がたくさんあります。強い希望やこだわりの部分について明確にして、それがかなうようにしないと、せっかくの結婚式なのに不満がたまってしまうことになります。一生に一度の大切なセレモニーなのですから、思い出に残る素晴らしいものにしたいと誰もが考えています。
現代において、さまざまなニーズに応えるべく、調査などもなされていますが、傾向のひとつとして、あまり派手なものを望む方は、一時期に比べて減少していることが挙げられます。バブル期のような派手な結婚式は、現代の風潮に合わないということもあるのでしょう。細かな部分までは個人差もあり、一概には言えませんが、こぢんまりとアットホームな感じでの挙式が好まれているようです。
それらは、仲のいい人たちとともに挙げるようなかたちであり、無駄に大きく規模を広げるような挙式は避けたいということにも繋がります。どんな場所で挙げるのかということでも、以前のように決まりきったかたちの結婚式場だけでなく、選択肢が広がってきました。実際に式場も多様化してきており、こうしたニーズに応えて、小さい規模にも対応できるようになってきています。派手なイベントとしてではなく、食事を中心にしたりすることによって、本当に思い出に残り、来てくれたゲストに感謝することができるような結婚式にしたいということが、大きな需要を持っているといえます。
チャペルを使ったりすることで、自分たちらしい挙式を望んだり、コンセプトをはっきりさせて個性的なものにしたりと、様々な希望が反映されるようになってきています。単なる派手なセレモニーにしたくないといった思いの表れであるともいえるでしょう。神前式などを選択する方が増えたのも、こうした多様化のひとつといえます。

結婚式を挙げたいという人が大半であるという事実


地味婚といった言葉が出てきたのは、それなりに意味があることです。派手にするよりも、もっと距離感の近い式にしたいという思いが女性にはあるということになるでしょう。以前は派手なものは男性が嫌がるといった傾向もありましたが、今では女性にもそういった動向があります。ナシ婚という言葉も生まれるようになりました。結婚式自体を挙げないという方法です。結婚することで、これからお金が必要になるため、余分な費用を掛けたくないということが大きな理由ですが、派手な結婚式を挙げたくはないという意識が働いていることもあります。その反面で、ほとんどの女性が結婚式を挙げたいと考えているということも事実です。
このような状況から考えると、あまり派手な演出を考えたりするのではなく、吟味してセレクトされた食事など、内容を充実して、だれでも楽しんでくれるような式にするということが求められていると言えます。ゲストからの視点ということも重要であり、参列してよかったと思われるようなものにしたいと考えられています。
男性だけの視点では、こうした意見はなかなかわからないこともあるはずです。女性ならではの視点と希望があるので、意見が食い違ってしまわないように調節することが必要です。特に意見の違いは、あとからも影響することです。後悔しないようにするためにも、よく話し合っていくことが重要となります。

フェアで実際のかたちを体感する


女性の意見を生かすということを考えても、お互いの意見をはっきりとかたちにするということも必要でしょう。そこでおすすめなのが、フェアなどを利用して実際に体験してみるということです。実際のかたちを目の前にすれば、女性の理想像を男性が感じ取りやすくなるからです。感性の部分にも当然違いがあるのですから、そういったことからも、フェアに参加してみることは大きなメリットがあります。
フェアでは、見学する前に相談会に参加することができ、いったいどんなことができるのかといったことの確認からスタートすることができます。コーディネートなどについても、どこまで理想に近づけることができるのかを知ることができるでしょう。プランをはっきりと見ることによって、自分たちの希望するイメージをかたちにするとどうなるのかがわかります。
実際の挙式なども体感することができるようになっており、演出についても理解できるため、具体的な意見も交わすことができるようになるでしょう。
ゲスト側の目線でも体感することができるので、どこが望みの部分と異なるのかも見えてきます。フェアによっては、試食会も開かれるものがありますので、自分たちで味を確かめることが可能です。これもゲストの目線ですが、落ち着いた式にこだわるのであれば、食事は絶対に外すことができないポイントです。自分たちがその立場になって試すことができるのですから、大きなチャンスとなるでしょう。
男女で意見が違うのは当たり前のことです。だからこそ、お互いの意見を尊重することも必要なのです。実際のかたちを見れば、イメージも伝わりやすくなりますから、こうしたチャンスをうまく利用することをおすすめします。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求