• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > 女性の憧れ「ジューンブライド」の由来

女性の憧れ「ジューンブライド」の由来



「結婚の守護女神」説



結婚は人生の大切な節目です。結婚式の日取り選びで大安吉日を選ぶなど、幸せを願い縁起をかつぐ風習は今なお残っています。西洋の6月に結婚すると女性が幸せになるとされるジューンブライドは有名です。その由来には諸説ありますが、その中でも信ぴょう性が高い説を3つご紹介します。

ローマ神話では、1月から6月の6つの月を守護する神がいるとされており、各月の英語表記は、その神のラテン語名が元になっています。例えば、ローマの女神マイアMaiaは5月のMayメイです。6月のJuneジューンは女神ユノJunoから来ています。6月をつかさどるユノはゼウスと呼ばれる神々の王の正妻で、女性の結婚生活や出産を見守る守護女神と言い伝えられています。こうして、ユノに深い関係のある6月は新婦にとって縁起の良い月になりました。ジューンブライドの有力説の一つです。

マメ知識ですが、宇宙の星の名前の多くはローマ神話の神々の名にちなんでいます。ゼウスは英語ではジュピターですが日本語では木星のことです。ユノの母乳はミルキーウェイと呼ばれ天の川です。アポロンは太陽、その妹のアルテミスは月、アルテミスが恋をしたオリオンはオリオン座です。ほかにも美の女神ビーナスは金星、その恋人で戦いの神マーズは火星、といったようにジューンブライドの由来をひもとくと神話と星のロマンチックなストーリーにたどりつきます。ゲストテーブル名を星の名前にして関連する神話をかんたんに書き記した席札表を作るとハッピーサプライズになり、招待された側も喜びます。星空をイメージさせるチャペルや料理が演出できるならパーフェクトと言えるでしょう。



「教会婚の欧州気候」説



ヨーロッパの挙式では、祭壇で永遠の愛を誓い、教会から出て来る新郎新婦を招かれた人たちがライスシャワーで祝福します。屋外でのセレモニーのため、晴天の多い6月が多いとされています。雨を避けた結婚式、これがジューンブライドの二つ目の由来です。

一方、日本の6月は梅雨時期で挙式が雨天になる確率が高い月です。だからといって、女神に守護されるジューンブライドをあきらめることはありません。雨が降っても素敵な結婚式はできます。屋内の会場であれば天気を気にすることはありません。ただ、招待客への気配りは忘れないよう注意が必要です。雨でもなるべく濡れずに来ることができるよう駅からアクセスのよい会場を選ぶことです。ほかにも、ホテルに前泊していただき送迎車で会場まで車で送迎することもアイデアの一つです。宿泊先と提携している式場であれば手はずが整えやすいです。また、会場内の更衣室でドレスアップを希望するケースもあります。ゲスト用の着替えやメイク、ヘアセットの予約にぬかりないようにします。

レストランを貸し切った手作りの式も素敵ですが、こうした挙式の準備や手配をすべて自分たちでやると大変です。ウェディングセレモニー専門の式場であればプロフェッショナルな担当者からの助言やサポートが得られる可能性がありますので、ぜひ前もっての見学をおすすめします。見学で細部にまで気配りある式場かどうかを見極めるポイントがあります。万一雨天だった場合に濡れた足元で転倒しないようバリアフリー設計かどうかの内装設備は重要なチェックポイントです。天候にかかわらず、バリアフリーであればシニアの方の危険防止にもなります。招待する側の細やかな配慮に招待された側のお祝いの気持ちはぐっと深くなり、梅雨時期だからこその真心のこもったジューンブライドが実現できます。



「農業閑散期」説



昔のヨーロッパでは結婚することが許されない月があったと言われます。農作業で多忙な3月から5月の3カ月間です。結婚どころではないと、結婚が禁止されていました。そのため解禁月の6月に結婚するカップルが多かったのが、ジューンブライドの由来だとする説があります。

今の日本も同じようにこの期間は忙しくゲストを招くのには適していない点があります。3月4月は、学校は卒入学や進級の行事や準備で親子ともども忙しく、仕事でも年度替わりは異動などで気忙しい時期です。5月はようやく新しい状況に慣れ始める頃ですが、GW中は子どものいる家庭はファミリーサービスでイベントに出向く予定が多く、独身者にとってはめまぐるしかった新年度の疲れを癒やして心機一転仕事に集中できるよう心身共に万全にしたい月です。

7月8月は、夏休み前の学校行事や休み中の子どもの夏祭りやサマースクールの予定で親は落ち着かない状況になり、加えて家族旅行や帰省、シングルの人もお盆休みを利用して友人や恋人とのサマーバケーションなどスケジュールの都合がつけにくい点があります。暑さもピークに達します。着物で来られるかたやお年寄りにとっては負担の多い気候です。招かれる側の立場になるとジューンブライドは、日程調整しやすい上に気温で体力消耗が少ない利点があります。さまざまな年代やライフスタイルの方たちをお呼びしやすい月です。

結婚生活をうまく続けるには双方の家族や近親者の協力は欠かせません。ジューンブライドは、単なる迷信ではなく現実的な面でも幸せな結婚の門出になるハッピーウェディングです。今後もお世話になる方たちが気持ちよく過ごせる式にすることは重要です。多様なニーズに応える会場選びをして、オリジナリティーあふれるハートフルな挙式にしたいものです。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求