• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > 少人数結婚式のメリットについて

少人数結婚式のメリットについて

少人数結婚式のメリットとは


現在では少人数で行う結婚式に人気が集まっており、大切な方と共に人生を歩もうと思われている方の中には少人数制で挙式をしようと思われている方も少なくないでしょう。メリットとしては、準備が少ない点が挙げられます。ゲストのリストアップや席の決定、招待状の準備などが少ないので、新郎新婦に与える負担は少なくなります。また、基本的に親しい方をお招きして挙式を行うことになりますが、親しい方というのは親族などはもちろんのこと、昔から付き合いが長い親しい友人などです。来場者の多くが親しい人となるので、リラックスして挙式を行うことができます。基本的にゲストが少ないため、一人一人と触れ合える時間を割くことができる時間がある点もメリットです。一人一人とお話をして歓談したり、写真などをゲストから求められればそれに対応することが可能です。
また、費用の負担が少ない点も魅力の一つです。例えば、結婚式を挙げる方の中には、資金の貯蓄があり、大きな会場で挙式したり披露宴を開催することができる方もいる一方で、十分な貯蓄がない状態で挙式をされる方もいます。例えば新入社員の方などは、仮に大手の企業に就職した方でも一年目は多くの給与を受け取ることは難しいため、多額の費用を挙式に充てられない方も少なくないでしょう。少人数制の結婚式であれば、比較的費用はかかりませんから、少ない費用で挙式したいという方は選択候補として考えてみてもいいのではないでしょうか。
ゲストは結婚祝いとしてある程度の現金をお包みして式場の受付の方にお渡しします。一方で主人公である新郎新婦においては、ゲストへの感謝の気持ちとしてプレゼントや引き出物などを準備します。一般的にはゲストそれぞれに違うプレゼントを準備するのではなく、同じ商品を準備して新郎新婦からゲストにお渡しをします。そうした場合にも、少人数制で挙式をする時は来場するゲストが少ないため、それぞれ個別にプレゼントを準備して、ゲストに喜んでいただくことも可能です。
また、ゲストが少ないことでスケジュールの調節が可能です。基本的に招待をする方が少ない少人数制においては、平日などに行うことも可能です。例えば平日に行うことで休日よりも更に料金が安くなるケースが多くなっています。これによって新郎新婦の負担は少なくなります。このように様々なメリットがあるため、費用を安く抑えたいと思われる方やなるべく親族などの親しい方だけで挙式をしたいと思われる方は少人数制の結婚式を選択されてみてはいかがでしょうか。

結婚式のゲストのマナーについて


結婚式にはいくつかのマナーが求められるため、事前に把握しておけば参考になります。例えばご祝儀のマナーです。先ほども述べたように、ゲストはご祝儀をお渡しして参加するのが一般的ですが、初めて結婚式に参加される方の中には、どのぐらいの値段が適切なのかわからない方も少なくないでしょう。
例えば多く祝儀を包むと、新郎新婦から気を遣われることもあります。逆に少なすぎる金額を包むと、新郎新婦の中にはあまり祝福されていないのかな、と思われる方もいるかもしれません。ゲストとの関係によっても金額は変わってきますが、もしわからない方は、一般的な金額を調べてお渡しすれば問題ないのではないでしょうか。
親族の方は新郎新婦の友人や会社関係者とは立場が違うので、金額も異なってきます。準備資金の一助という意味合いを込めて高額のご祝儀をお渡しする親族も少なくありません。不安な場合は事前に相談しておくとよいでしょう。また、当日着ていく服装に関しても新郎新婦に不快感を与えないように適切なフォーマルな服装で参加しましょう。

結婚式場を選ぶときのポイント


結婚式場は全国に数多くあり悩むこともあるかと思いますが、一生に一度のことなので式場選びで失敗したくないと思う方が多いでしょう。失敗しないためにはいくつかポイントがあるので、どんなポイントを重視したらいいのかについて説明します。
まず、1つ目は衣装です。結婚式ではドレスの着用を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。それぞれ式場によって扱っているドレスも異なりますが、できる限り後悔をしたくない人は、ドレスショップを運営しているところを選ぶと種類も豊富に揃えられているので、自分に合うドレスを見つけやすくなります。また、ドレスショップを運営しているところなら、トレンドアイテムも用意することができるので、流行りの気に入ったドレスを着用して一生に一度の結婚式を行うことができます。
続いて2つ目は料理にもこだわりましょう。それぞれ場所によって用意することができる料理が限られます。また、人それぞれ好みも異なるので、料理に関してはなるべく試食が可能なところにしましょう。試食ができれば好みの料理を選ぶことが可能です。このように、2つのポイントについて話しましたが、いずれも結婚式場によって異なるので、重要なポイントはしっかりと下見しておくといいでしょう。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求