• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > 愛知で結婚式場を選ぶときのポイントは

愛知で結婚式場を選ぶときのポイントは

愛知で結婚式場を選ぶポイント


中京地区といえば、結婚式も華やかなことで知られています。愛知の県民性もありますが、結婚式を検討しているのであれば、さまざまな方法を考えていかなければいけないでしょう。その中で、結婚式場の選び方も考えていくことになりますが、どんなポイントを押さえるのかということを知っておくことが必要です。結婚式というのは一生のうちに何度もあることではありません。ほとんどの人は、一生に一度のことですから、後悔しないように慎重に選択する必要があるでしょう。そのためにも、ポイントは押さえておかなければいけません。
愛知でも、他県でも同じことですが、何を重視するのかということが重要になってくるでしょう。そのひとつとしてあげられるのが、披露宴で出される料理です。披露宴では、非常に多くのゲストの方を招くことになります。ゲストの方々もさまざまで、属性もいろいろとあるでしょう。その方々が満足できる料理を出すことができるかどうかは、非常に大きなポイントです。
いろいろな思い出に残るイベントをおこなったりするところもありますが、料理も印象に残るものの一つではないでしょうか。見た目などおしゃれな料理にするという考え方もありますし、年齢層に合わせて落ち着いた万人受けをする料理にするというのもひとつの方法です。味ということを考えていくのも重要なことでしょう。豪華であっても、帰り道にあまりおいしくなかったという話が出るようでは、結婚式も台無しです。良い意味で記憶に残してもらえるように、楽しんでもらえる料理というのは、大きな演出になっていくことでしょう。その点で、結婚式場の選び方としては、料理も欠かせないポイントになってきます。

結婚式場の持つプランも考えていく


結婚式場ではさまざまなプランが用意されていることでしょう。そのひとつとして料理があったりするわけですが、結果として選択肢がなければ選びようがありません。豊富な選択肢を用意している結婚式場であれば、安心して選ぶことができるでしょう。さまざまな部分でサポートするようになっていますが、プランというのは結婚式場によって違いが出てくる部分です。
少人数プランがあり、小さくまとめることができるようになっているところもあります。一方で、愛知らしく盛大にできるように、大きな会場を効果的に利用できるプランもあるでしょう。また、マタニティプランといった、妊娠している花嫁が着られる衣装も準備できるプランを用意している式場もあります。さらに、海外で挙式を上げた後に、国内で披露宴をおこなえるようなプランもあります。
こうしたプランニングも、その結婚式場が設備や人員を活かして組んでいくものです。結婚式場によっては、自分たちが希望する内容ができないこともあります。そのため各式場のプランなどを細かく検討していくことが大切です。
式場の中には、1年前に予約ができれば、割引を受けることができるプランもあります。割り引きできた分だけ、内容を濃くすることもできますので、準備期間を長くとるというのもひとつの考え方になってくるでしょう。

変えられないことは妥協しないこと


結婚式場を選ぶ際には、その式場がどれだけのアイテムを持っているのかということも大きいでしょう。自分の理想的な結婚式にするためには、できるだけ多くの選択肢が必要です。ウエディングドレスを豊富に持っているというのも、ひとつの選び方の基準になるでしょう。一生に一度しか着ない可能性がありますので、豊富な種類から選びたいものです。レンタルで借りるとしても、選択肢が少なければ、妥協しなければならなくなってしまいます。これは、新郎の衣装でもいえることです。選択肢が少なければ、花嫁のドレスに合った衣装を選ぶことができない可能性もありますので、豊富な方が間違いありません。
どこまでの設備を持っているのかということも重要です。チャペル会場を持っているのか、披露宴会場も大きさに合わせて選ぶことができるのかは気になるところでしょう。控室などの設備もどれぐらいあるのか気になるところです。多くの人が出入りすることになるのですから、会場のデザインや雰囲気などもよく見て選ぶ必要があります。
選ぶのが難しいと思うかもしれませんが、選択肢もなく、選ぶこともできないのは大きな問題です。悩むことも楽しみのひとつであることも間違いないでしょう。自分の望む演出ができるかできないかという問題もありますが、設備などは変えることができない部分です。大人数になるのに小さな会場しかなければ、対応することができません。逆に小さくしたいのに、大きな会場しか取れないのは、費用だけが増えてしまいますし、広い会場に少ない人数だと寂しい印象になってしまいます。どこまで選択できるのかは、検討の段階でしっかり式場に確認しておくことが結婚式場選びのポイントです。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求