• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > 憧れのウェディング衣装を選ぶ方法

憧れのウェディング衣装を選ぶ方法

挙式スタイル



多くのカップルは婚姻届けを提出するだけでなく結婚式も挙げることで、夫婦になったことを実感するようです。神様の前で誓いを立て、身近な人に祝福をされる結婚式は、とても大切な儀式です。そして式に続いて、親族や友人に結婚したことをお披露目するために、披露宴を行うというのが日本の結婚式の定番です。

基本的な挙式スタイルは2パターンあります。一つ目は神前式と呼ばれる伝統的な挙式です。神社で厳かに執り行われるスタイルが逆に新鮮に感じられ、神前式を選ぶ若いカップルも増えています。服装にはっきりした決まりはなく、列席者は洋装でも問題ありませんが、新郎新婦は和装で式に臨むことが通例となっています。ホテルや結婚式場の中には神殿を備えているところもあり、わざわざ外の神社まで行って式を挙げ、結婚式場に戻って披露宴を行うという手間がかからない場合もあります。

二つ目はキリスト教式の結婚式です。物語に出てくるようなチャペルで永遠の愛を誓い、フラワーシャワーで列席者から祝福されるような挙式は、多くの女性にとっての憧れです。その憧れを現実にするため、ホテルや結婚式場には工夫を凝らしたロマンチックなチャペルがあります。色鮮やかなステンドグラスや、ドレスのトレーンが美しく映えるバージンロードは式場選びのポイントです。また壁一面が大きな窓ガラスになっているチャペルは、自然光が降り注ぎ、緑が美しいガーデンを一望できるなど、二人の大切な日を印象深く演出します。

多くのカップルは神前式かキリスト教式で迷うことになりますが、最近は人前式も静かなブームです。神様の前ではなく、親族や知人の前で結婚を誓う形の挙式です。宗教や形式にとらわれないので、アイデア次第で好きな形にアレンジできます。服装も自由ですが、指輪交換や宣誓などを採り入れたキリスト教式に近い形になることも多く、和装よりもウェディングドレスが人気です。場所はカジュアルなレストランや思い出の場所などさまざまです。ホテルや結婚式場でも対応してくれるので、自分たちで一から考えるより、式場などのプランナーと打ち合わせをしながら進める方が、手間がかかりません。



婚礼衣裳の種類



神前式を選んだ花嫁は、ほとんどの場合和装で挙式します。結婚式の時の和装とは、主に白無垢や色打掛、引き振袖を指します。白無垢とは全身白で統一された格式の高い婚礼衣裳です。髪型は文金高島田に角隠しか綿帽子が一般的ですが、最近ではお色直しをする時にカラードレスを着ることを考えて、洋髪に綿帽子をかぶる花嫁も増えています。色が白なのは「嫁ぎ先の家の色に染まる」、「身の清浄」などを表し、ウェディングドレスに白を使うのと同じような意味合いがありました。

色打掛は、白無垢と同じく格式高い婚礼衣裳です。伝統的な古典柄のものや、現代的な色使いのものなど目を奪われるほどの豪華さが特徴です。写真映えもするので、フォトウェディング向きとも言えます。引き振袖とは成人式などで着る振袖より少し袖が長く、裾を引きずるようにして着る着物のことです。白無垢とは反対の黒色が好まれるのは、「これ以上誰にも染まりません」という意味があるからです。色打掛などよりも動きやすく洋髪にも合うことから、披露宴のお色直しで人気があります。

キリスト教式の場合は、真っ白なウェディングドレスが定番です。着物と違い脱いだり着たりするのが楽なので、試着の時は納得するまで色々なシルエットのドレスを試すことができます。プリンセスラインは女の子の憧れを象徴する定番のドレスです。ウエストからふんわりと広がった形で、下半身のコンプレックスを隠すこともできます。Aラインは、アルファベットのAのようにウエストから裾に向かって広がっていく形のドレスです。どんな体型の人にも似合いやすく、コーディネイト次第で大人っぽくもかわいくも着こなせます。マーメイドラインのドレスはスレンダーな人に似合います。ひざ下から裾に向かって広がっている様子が人魚のように見えるため、このように呼ばれています。



お色直しでの注意点



挙式後の披露宴は親族や友人はもちろん、恩師や上司などお世話になった方々もゲストとして招待します。ケーキ入刀や手紙の朗読など定番のプログラムだけでなく、自分たちでアイデアを出しながら作り上げていきます。花嫁は純白のウェディングドレスや白無垢から、色鮮やかなドレスや黒引き振袖などに着替えます。一概には言えませんが、和装より洋装の方が予算がかからない傾向があります。また披露宴ではゲストのテーブルを回ることもあり、ドレスの方が身動きがしやすいため人気があります。

花嫁は純白のウェディングドレスを着用することが普通ですが、薄いグレーやオフホワイトなどを選ぶ人もいます。自分に似合うドレスが見つかったら、次は小物を選びます。頭にはティアラやクラウンに代表されるヘッドドレス、耳にはイヤリング胸元にはネックレスなどのアクセサリーを合わせると、ドレスがさらに引き立ちます。グローブも重要なアイテムです。袖の形や丈に合わせてグローブを選ぶと、ドレスの印象もガラリと変わります。またベールもウェディングドレスには欠かせません。ベールの長さや付ける位置によって、全体のバランスが左右されます。

和装から和装、または洋装から洋装は、お色直しにあまり時間がかかりません。でも、白無垢で挙式した人はカラードレスを着てみたくなったり、ウェディングドレスを着た人は黒引き振袖も着たいと思ってしまうかもしれません。そんな時は、どちらにも似合う髪型を選ぶなど、少しでも高砂が空席になる時間を短くする工夫が必要です。せっかくお祝いしてくれているゲストに対して心配りをすることが、素敵な結婚式を挙げるためのポイントです。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求