• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > 新郎新婦が気をつけたい結婚式二次会でのマナーとは?

新郎新婦が気をつけたい結婚式二次会でのマナーとは?

結婚式の後の二次会は開催するのが無難


結婚式が終わった後には二次会をする場合も多いですが、知っているようで知らないのがマナーです。ゲスト側としてはある程度意識することが多いですが、意外と新郎新婦の方がおざなりになってしまう場合もあります。式とは違ってフランクなイメージがあるものですが、最低限の礼節はわきまえられるように、礼儀作法についても知っておきたいものです。そこでこちらでは新郎新婦側の二次会マナーについて、二次会を開催する場合のメリットと併せてご紹介します。
まず二次会自体をするかしないかという選択がありますので、開催した場合のメリットについても挙げておきます。結婚式しかしないという場合もありますが、式の出席者が限られている場合も多いので、挙式に参加できなかった人も呼ぶことができるというメリットがあります。また、これからお互いに付き合いが出てくるかもしれない新郎新婦の友人を、お互いに紹介することもできます。そしてみんなでゲームなどをして盛り上がることができますし、式では時間が決められていてゆっくりとできなかった分、友人と話をするタイミングも持つことができるので、ゲストと一緒に楽しむ時間を設けることができるという点もメリットです。
このように二次会を開催するとお互いの友人関係を知ることもでき、一緒に盛り上がって楽しむことができるというメリットもあるので、ほとんどのカップルが二次会を開催しています。楽しい場ではありますが、結婚式に付属するものである以上マナーも押さえておきたいものです。

準備段階でのマナーは?幹事を依頼するときの注意点は?


それでは二次会で新郎新婦が気をつけるべきマナーについてですが、最初に開催することをお知らせするタイミングです。急に開催することが決まる場合もありますが、あまり急すぎるとゲストとしても困ってしまいます。そこである程度期間に余裕を持たせ、事前に知らせておきましょう。具体的には大体2ヶ月前が無難だと言われています。この時期は結婚式の招待状を送るのと同じくらいになります。式と併せてお知らせをしておくとゲスト側のスケジュール調整にはちょうど良い頃です。あまり早すぎると先の予定が決まっていないという方もいるので、結婚式の招待状とほぼ同じタイミングで案内を出しておけば問題ないでしょう。
次に、結婚式の二次会を開催するにあたって幹事を決めますが、その幹事を依頼する際にもマナーが大切になります。友人に依頼するという方は多いですが、その際には電話などで依頼するのは失礼にあたります。きちんと会う約束をして、面と向かって依頼するようにしてください。また、幹事はとても大変な役割ですので何人かに依頼することになると思いますが、その幹事同士の仲を考えて依頼するということも大切です。新郎と新婦の友人にそれぞれ頼むこともあるでしょうが、その場合は新郎新婦が幹事同士の仲がスムーズになるよう、気を遣う必要もあります。
二次会の幹事を依頼したからといって、全てを幹事任せにしてしまうと後々友情に亀裂が入る場合もありますので、マナーを守って依頼するようにしたいものです。新郎新婦でもできることは進んで協力する、幹事同士の打ち合わせにかかる費用は新郎新婦側で出すといった心配は、その後の人付き合いのためにも大切なことです。

二次会での新郎新婦の服装マナーは?


そしていよいよ結婚式が終わって二次会という段階になったら、服装のマナーにも気をつけてください。まずレストランなどで行う場合、新婦は自分で用意した洋服で参加するという場合が多いでしょうが、あくまでも主役ですのである程度格式の高い洋服で参加するようにしてください。ゲストよりは格式が高いもので会場の雰囲気に合わせ、新婦は華やかな白いワンピースやミニドレスなどがおすすめです。ヘアアレンジも服装に合わせてセットしましょう。
ホテルなどの格式が高い場所で行う場合には二次会であっても新婦はドレスを着るのが一般的です。ただしドレスと言っても結婚式や披露宴で着るようなものだと浮いてしまいますので、ある程度カジュアルな印象のドレスが良いでしょう。セミアフタヌーンドレスやカクテルドレスなどを着るとマナーとしても問題がありません。
結婚式や二次会の服装というと新婦側がクローズアップされがちですが、新婦が素敵なドレスやワンピースを着ていても、新郎が普通のスーツを着ていては台無しになってしまいます。バランスを取るということも考えて、胸元にはブートニアなどをつけてフォーマル感を出すことがマナーです。ある程度格式の高い会場であればディレクターズスーツ、レストランなどの会場であればダークスーツでも大丈夫です。
これは新郎新婦両方に対して言えることですが、服装は会場の雰囲気や格式の高さによって変えるという配慮も大切です。二次会を高級なホテルで行うのか、通常のレストランなどで行うのかによって、その場に合う服装は変わってきます。このような雰囲気を読んだ服装やふるまいをするというのもマナーのひとつです。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求