• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > 結婚を家族から反対される理由や結婚式の準備と選び方

結婚を家族から反対される理由や結婚式の準備と選び方

結婚を家族に反対されている人の特徴


一般的に、結婚式をする人の多くは周りの友人やご家族から祝福されたいと思っているものです。実際に多くの新郎新婦は親族など周りの人から祝福を受けて挙式しています。しかし、挙式をする全ての人が祝福されて結婚ができるという訳ではありません。実際に結婚生活をスタートさせるために挙式をしたいと考えている人の中にはご家族から反対されている人もいるでしょう。結婚は法律において、男性は18歳から、女性は16歳から結婚することができますが、この年齢で結婚する人は少なく、今では成人してから結婚をする人が多いので、もしご家族から反対されたとしても自分たちの意志を貫き通して挙式することができます。しかし反対を押し切って結婚をすると後悔をしてしまう場合もあります。
例えば後悔してしまう可能性があることの一つとして挙げられるのが、ご両親との関係です。もしご家族との関係が難しくなると結婚した後に実家に帰りづらいと感じることもあるでしょう。また、反対を押し切って結婚してしまうと、自分の意志と責任で行ったことなので、もし万が一困った時に助けを求めることができないという場合もあります。そういったことから考えても、反対されているケースでもできるだけ説得をして、祝福してもらって結婚式を迎えたいと考えるのが一般的です。
説得するためには、なぜ反対されているのかをきちんと知ることで改善策を見つけられることもあります。反対されている理由の一つとしてよく挙げられるのが、安定した職業に就いていないことです。新婦側のご家族に関しては、相手の年収やご職業を気にする人も少なくありません。なぜなら新郎新婦が生活をするためには一定の収入が必要だからです。例えば住宅を賃貸して新婚生活を始める人もいますが、賃貸契約をするためには敷金礼金などが必要です。また、毎月家賃を納めなくてはならないので、新婦側のご家族が安定した収入を求めることはある意味当然と言えるでしょう。家賃だけなく光熱費や生活費など様々な費用がかかるので、安定した収入がない人は反対される可能性が高くなります。さらに、将来的には子供を出産する人も多いので、学費など子供が独立するまでサポートしなければなりません。
そのような理由で反対されている方は安定した収入を得られるお仕事に転職をして説得することで関係を改善できる可能性があります。反対される理由はその他にも礼儀に関することを挙げることができます。例えばご両親に挨拶をした時に適切な態度で接することができなかった方は、そういったマナーについて見直すことで、改善できる可能性があります。

説得させて結婚式の準備をしよう


結婚式を挙げることを説得することができれば、次は結婚式を挙げるための準備をすることになります。準備することは色々とあります。例えば招待状を送ることが必要です。今では挙式だけでなく披露宴などを行って多くの人から祝ってもらう人も多いので、そうした場合には数多くの招待状を送らなくてはいけません。招待状を送ることで出席できるかどうかがわかり、大まかな人数を知ることができます。
結婚式をするためにはプランを選択することも必要です。結婚式場では様々なニーズに合わせて多くのプランを実施しています。例えば家族などの身近な人だけで行う家族婚や、妊婦さんにも対応したサポートを受けられるプランがあるので、様々なプランの中からイメージに合ったものを選択することになります。
また、来場者の多くの方たちに喜んでもらうために披露宴の演出を工夫する人も少なくありません。例えば披露宴の終盤に親御さんへの手紙を読み、今までの感謝の気持ちを伝えたりする演出をする場合もあります。オープニングムービーを制作して新郎新婦が登場する前に来場者に視聴してもらいその場を盛り上げる演出をしているケースもあります。式場の方に相談をすれば演出に関するアドバイスを得られるので、もし演出の準備に悩みがある方は相談をして来場者や新郎新婦、お互いが感動できる結婚式を一緒に作り上げてみてはいかがでしょうか。

結婚式場の選び方のコツについて知ろう


結婚式をする時には式場を借りる人もいるので、どのような結婚式場を選択すればいいのか分からない人もいるでしょう。まず選ぶ際のコツとしてはどのような設備が整っているかを確認しましょう。例えば設備があることで演出の幅が広がるので、他の式場よりも感動させることができる可能性があります。
その他のコツとしては、ドレスの種類などが豊富にあるかどうかです。ドレスの着替えは一度の披露宴で何度も行う人もいるので、ドレスが多く取り揃えられている結婚式場を選ぶことで、好みのドレスを着用して当日挙式や披露宴に参加することができます。
このようなポイントはいくつか挙げることができますが、ホームページからでは知ることができない人も多いので、ブライダルフェアに参加をして式場選びを検討している人もいます。試食会や試着会なども行うことができるので、結婚式場選びの参考にできるのではないでしょうか。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求