• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > 結婚式で守るべき子供マナー

結婚式で守るべき子供マナー

結婚式のかたち



結婚式のかたちは多種多様な時代になり、自由に組み立てられる反面、どのようにしたら良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。ここでは、どのような形があるのか紹介していきます。

結婚式といえば、挙式と披露宴を行うというのが一部地域を除いて日本のスタンダードと言えます。挙式は、信仰があったり他に理由がある場合以外は式場内の挙式会場で行われることが多く、同じ日に挙式と披露宴の両方を行う事がほとんどです。挙式を行い、着席スタイルでフルコースの料理等を振る舞う披露宴を行い、ゲストにはお土産として引き出物も用意します。

近年増えているのが、挙式とブッフェスタイル等のカジュアルな披露パーティーという形です。海外挙式をして、帰国後にパーティーをしたり、親族のみで挙式をして後日友人達とパーティーをする等、あまり大げさにしたくないと考えている新郎新婦に人気があるスタイルです。また、あまりお金をかけたくない、人間関係のしがらみを避けたい、等の理由で挙式のみ、または披露宴のみ行う方法も増えています。ブライダル施設を使わずに、カフェやレストランで簡単な人前式等のセレモニーを行ってから披露パーティーを行うカジュアルな結婚式や、新婚旅行を兼ねて費用をリーズナブルにでき、身内や親しい友人のみ招いて行える海外挙式も人気が高いです。

そして最近増えているのが、フォトウェディングです。挙式や披露宴は必要ないけれど、結婚写真は記念に残したいというニーズが多くなっています。また、披露宴やパーティー等ではあまり費用をかけたくない理由でお色直しをせず、代わりに着物や色ドレスの写真を撮るといった理由でもフォトウェディングの需要が高くなっています。最近では、海外から日本にフォトウェディングの為に訪れる人も増えています。

一番のシンプル・ウェディングは、やはり入籍だけで済ませる事です。日本では、特に結婚式等のセレモニーを行わなくても婚姻届を提出すれば、法的に夫婦になれます。以上のように、結婚式のかたちも様々です。色々と情報を得て、自分達らしいかたちを見つけて下さい。



結婚式の招待状が届いたときに、子供はどうする?



子供と一緒に結婚式に参列する場合、普段のお出かけ以上に事前の準備や他の参列者への気配り等、気をつけなければならない事がたくさんあります。しっかりと準備をしてマナーを守り、気持ち良く新郎新婦の晴れの門出を祝福したいものです。ここでは、参列にあたってのマナー等について紹介していきます。

以前は親族の結婚式以外で子連れでの参列はあまり多く見られませんでしたが、最近ではカジュアルなスタイルが増えていて、それにより子供を連れての参列も多くなっています。兄弟姉妹の結婚式の時は子連れで参列する場合がほとんどですが、親族以外の結婚式では招待状に子供の名前がない場合、誰かに預けて参列するのが基本です。

どうしても預け先がない場合は、欠席させてもらい、お祝いを贈ったりすると良いでしょう。もし先方から子連れで参列をと言われた場合は、喜んで子供と一緒に参列させてもらいましょう。事前に確認しておいた方が良い事は、ベビーカーを使う場合は持ち込みができるかということや、オムツ替え・授乳ができる場所があるか、子供用のお料理があるかどうか等です。



当日の子供マナーついて



結婚式当日の式場での子供マナーについてですが、まず大切なのは同じテーブルの方や周囲の方へのご挨拶です。子連れである事と、騒いでしまったら中座する可能性がある事などを前もって伝えておくことです。もし、式の最中に騒いだり泣き始めたりしたら、式の進行の妨げにならないように、落ち着くまで披露宴会場の外で過ごしましょう。その為、中座しやすいように席は事前に新郎新婦にお願いして、できるだけ出入り口の近くか壁際などにしてもらうと良いでしょう。

また、授乳は式の前に済ませておき、どうしても式の最中に授乳が必要な場合は、いくら授乳用ケープがあったとしても、結婚式というフォーマルな場なのできちんと授乳室や控え室を利用しましょう。食事についてですが、離乳食や子供の食事を持参したい場合は事前に新郎新婦に了解をとっておき、持ち込んだ食事は同じテーブルにいる人達のお料理のタイミングに合わせて食べさせる事もマナーです。また、式場で用意されているスプーンやフォークは金属製の物が多く落とした時に音が気になるので、プラスチック製のカトラリーを用意しておくと良いでしょう。

子供のおもちゃは、音が鳴らないおもちゃを持参しましょう。結婚式場では、演出以外の音は遠慮するべきです。子供の服と靴の着替えも持参しておくと良いです。食べこぼし等で汚れてしまう事もあるし、着慣れないフォーマルな服装や靴で動きにくくて嫌がる場合があるので、特に靴は行き帰りだけでも履きなれた靴を履かせてあげた方が歩きやすく、楽かもしれません。

子連れでの結婚式参列は、ハプニングはつきものなので、しっかりと事前の準備をして、自分も周りの方も楽しめるように子供マナーを守り、新郎新婦の晴れの日を心からお祝いしましょう。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求