• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > 結婚式で必須の持ち物とご祝儀のマナー

結婚式で必須の持ち物とご祝儀のマナー

基本の持ち物


結婚式に招待されて、当日、会場に着いてから忘れ物に気づいて困ったことはありませんか。今回は、絶対に忘れてはいけないものから、ちょっとした便利グッズまで紹介します。
結婚式に招待されて式場に出かけるとき、最も重要な持ち物はご祝儀です。これを忘れてしまっては大変なので、家を出るときに必ず確認をすることで忘れることを防ぐことができるでしょう。さらに、ご祝儀袋を包むための袱紗も忘れずに準備します。ご祝儀袋をそのままの状態で、バッグや懐から出して渡すのはマナーとして好ましくありませんので、持っていくようにしましょう。ほかに、招待状も準備しておきます。もちろん、招待状がないと式場に入れないというわけではありませんが、招待状には会場までの案内図が記載されていることが多いので、複数の挙式が行なわれるような広い会場でも安心です。
次に財布ですが、普段長財布など大きめの財布を使っている人は、薄い小さめの財布に入れ替えて持っていくといいでしょう。理由は、あまり大きいサイズの財布を持っていくと、バッグに入りきらずにスマートな受付等ができない場合があるからです。だからといって、現金等を持って行かずに参列すると、二次会などで会費として支払う用に現金が必要なときに支払えなくなることが考えられますので、最低限の現金は持っていくと安心です。他にも、携帯電話・ティッシュ・ハンカチは当然として、カメラや手鏡も持っておくと便利です。あと女性の場合は、感動の涙でメイクが崩れてしまうなんてこともあるかもしれないので、最低限のメイク道具も持っておいたほうが良いでしょう。

あると便利なグッズ


基本の持ち物とは別に、あると便利なグッズや季節によってあったほうが良いものもあるので紹介します。
こういったフォーマルな場では、男性も女性も慣れない靴を履くことも多いでしょう。履き慣れない靴につきものなのが靴ずれです。もし靴ずれが起きた場合に備えて絆創膏も持っておくと安心です。それでも不安な場合は、行き帰り用に履き慣れた靴を用意するのも有効な手段です。そして、結婚式や披露宴の会場でバッグの置き場に困ったことはありませんか。椅子の背もたれに置いても構いませんが、会場が狭い場合窮屈に感じる場合もあります。そんなときに役に立つのが携帯用バッグハンガーです。バッグの片隅にしのばせておくと意外と役に立つ事もあります。ほか、身だしなみを整えるための整髪料も持っていくと髪の毛が乱れても安心して過ごせます。
さらに、二次会でついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしたときに備えて、胃薬や二日酔いの薬もあると安心です。喫煙をする人は、それと一緒にミント系のタブレットも持っていくとタバコのにおいで周囲に不快感を与えることもないでしょう。また、携帯電話やスマートフォン用の充電器やモバイルバッテリーもあると、もしものときに安心です。もしカメラを持っていく場合は、予備のバッテリーも持っていくと、たくさん写真を撮ったことで二次会の時には充電がなくなった、ということも防げます。
最後に、披露宴の引き出物や二次会の景品などで、予想外に持ち物が増えてしまったときに備えてエコバッグもあると便利です。他にも、冬場なら使い捨てカイロ、女性なら予備のストッキングも準備しておくと安心です。

ご祝儀のマナー


最も重要な持ち物であるご祝儀には数多くの注意を払わなければならないマナーがあります。ここでは、金額、表書き、中袋、ご祝儀袋や袱紗の選び方など、迷いやすいポイントを取り上げます。
最初にご祝儀の金額についてです。友人や同僚の結婚式に個人で包む場合は3万円前後が望ましいでしょう。2人の仲が分かれないようにという意味で、金額は奇数が基本です。また、夫婦で出席する場合は連名で5万円のことが多く、未成年の子どもがいる場合は一緒に包んでも構いません。金額の相場は小学生以下は1万円ほど、中学生以上はおよそ2万円、そして兄弟などの親族の場合は、10万円程度包むことが多くあります。ご祝儀として包むお札は新札を使うのが好ましいとされているので、事前に銀行などで診察に交換しておきましょう。
次に、表書きと中袋のマナーについてです。水引の下にはっきりと楷書風にフルネームを記入しますが、筆記具は細字用フェルトペンやボールペンではなく筆で書くのがベストです。中袋には金額と住所を記入します。このとき金額は、壱、参、拾といった旧字表記を使用します。ここも筆文字がベストですが、細字用フェルトペンなどでも問題はありません。次はご祝儀袋の選び方についてですが、ご祝儀袋には格がありますので、包む金額に見合った格のご祝儀袋を使うのがマナーです。一般的には、ご祝儀袋の価格は包む金額の100分の1程度が良いとされています。ただ、ここで注意しないといけないのが水引の形状です。一度結んだらほどけないという意味で、かならず結びきりのものを選びましょう。
最後に袱紗の使い方について紹介します。ご祝儀は、直接バッグなどに入れるのではなく、袱紗と呼ばれる布に包んでおき、渡すときに袱紗から出すのが一般的なマナーです。そして、お祝いごとの袱紗は、暖色系の明るい色のものを選びましょう。袱紗がない場合は、明るい色合いのハンカチなどでも代用が可能です。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求