• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > 結婚式の二次会を楽しむために

結婚式の二次会を楽しむために

ゆっくり会話をする時間のない結婚式


幸せいっぱいの結婚式で、ゲストとして招待された友人の方たちが新郎新婦と会話できる時間はどのくらいだと思いますか?実はほぼないに等しいです。大抵の場合、新郎新婦は高砂と呼ばれる正面の席に座っています。ゲストの方たちはその姿を自分たちに用意されているテーブルから眺めるのが一般的です。中には、ゲスト参加型のイベントが企画されている場合もありますが、それでもゆっくりと会話ができる時間はありません。
一緒に写真を撮るのでさえもチャンスをうかがいながら、どうにか撮れないかと試行錯誤をします。新郎新婦の方にとっては一生に一度の大切な結婚式なので、ゲストとして招いた方にも楽しんでもらいたいと様々な演出を行います。しかしせっかくゲストとして来てもらったのに、一番祝って欲しいと思っていた友人たちとは会話もあまりできず、限られた時間の中で粛々と進行していくので精いっぱいの場合が多々あります。
また、結婚式の会場には人数制限があるので、お招きしたかった方を全員招待できるわけではありません。誰を呼んで誰を呼ばないか、結婚式の準備を行う最初のステップの中で一番大きなハードルかもしれません。友人たちだけを招いてパーティとして行う場合など特別なケースを除けば、結婚式に招待するゲストの方は一般的には会社関係の方、親族の方が優先されます。そうすると、どうしても呼べる友人の数には制限がかかってしまうのです。また、ゲストの方の事情で結婚式には出席していただけない場合もあります。そんなときには、気の合う友人や会社の同僚などが気軽に参加できる二次会がおすすめです。

二次会の手配を頼まれたら


二次会の会場は、披露宴を行った結婚式場でそのまま別会場を手配してくれることもあります。しかし、多くの場合はレストランなどで仲の良い友人や同僚たちと和気あいあいと開催されています。新郎新婦から二次会の会場を手配して欲しいと依頼されたら、まずはお店選びが重要です。おしゃれなレストランなら、結婚式の二次会としても雰囲気は抜群ですし、お料理もコース料理などで対応してくれます。ドリンクもビールや焼酎と言った定番のものから、おしゃれなカクテルやノンアルコールドリンクまで対応してくれるお店もありますので、お酒が好きな人も苦手な人もみんなが楽しく過ごすことができます。
また、二次会慣れしている店舗ですと、こちら側の要求にも柔軟に対応してくれるだけでなく、様々なプランが用意されていたり、ケーキや特別な演出など色々と提案してくれたりします。二次会は気軽に参加しやすいので、声をかけると当初予想していた人数よりも多くの方が参加してくれる傾向にあります。そのため、事前にある程度参加の意思を確認し、お店には人数変更や当日キャンセルができるかどうか、キャンセルチャージなどについてもきちんと確認しておく必要があります。結婚式には出席できなかったけれどお祝いをしたかったと思われている友人にとって、二次会は絶好のチャンスです。
二次会の進行によってはゲーム性やイベント性を持たせることも可能です。特にビンゴゲームは誰でも知っていて気軽に参加することができるので、とても盛り上がります。会場選びの際に気を付けておきたいのがパーティのスタイルです。立食スタイルですと着席スタイルに比べて多くの人数を招待することが可能ですが、早朝からの結婚式の場合などは疲れを感じている方もいますので、できるだけ着席スタイルでの開催をおすすめします。

二次会に参加する時の服装に悩んだら


二次会から参加される方も多いのですが、ここで気になるのが参加する際の服装です。結婚式から参加されている方はそのままの服装で参加されることも多いですが、特にドレスコードがない場合には悩んでしまいます。そんな時は、事前に招待されている友人同士でどんな服装で行くのかを話し合ってみてはいかがでしょうか。どんな会場で開催されるのかが分かっていれば、その会場の雰囲気を壊すことなく、新郎新婦よりも目立たない服装であれば特に問題はないでしょう。
また、居酒屋などでワイワイ集まる場合にはカジュアルな服装でも良いです。ホテルのバンケットやレストランなどおしゃれな雰囲気の会場でしたら、結婚式同様フォーマルな装いをおすすめします。ダイニングバーなどであればセミフォーマルがおすすめです。女性の方でしたら、ドレスにボレロなどを羽織るなど、肌の露出は避けた方が無難ですし、男性の方もオシャレなスーツで参加されると雰囲気に飲まれずにすみます。
またカジュアルな服装で行く場合にも、Tシャツやデニムなどは避けるようにします。あくまでも友人同士の飲み会ではなく、結婚式の二次会だということを意識して、いつもよりおしゃれをして参加されることをおすすめします。結婚式とは違って新郎新婦との距離も近く、ゆっくり会話をすることができる二次会は、友人たちを中心に盛り上がること間違いなしなので、招待されたらぜひ積極的に参加してください。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求