• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • パーティーレポート
  • プラン
  • ブライダルフェア
トップページ > コラム > 結婚式場専属のプランナーと相談して式の内容を決めよう

結婚式場専属のプランナーと相談して式の内容を決めよう

結婚式の内容はウェディングプランナーと相談して決めることが大事


結婚式というのは、基本的には一生に一度しか行わないイベントなので、後悔しないためにも入念に結婚式場を選ぶ必要があります。そんなときに役立つのがウェディングプランナーです。ウェディングプランナーは、自分が理想としている式のプランを一緒に考えてくれ、さらに演出や引き出物のことまで相談に乗ってくれるとても頼もしい存在になってくれます。
ウェディングプランナーにはフリーランスと式場専属の二種類があります。フリーランスのウェディングプランナーの場合であれば、会場を限定することなく顧客目線でプロデュースしてくれるために、自分の理想としている式に近づけることが可能です。結婚式をトータルにプロデュースするだけでなく、ドレスのみとか会場のみなど部分的なことを相談することも可能で、フレキシブルに対応してもらえます。
一方で結婚式場がすでに決まっている場合であれば、そこまでメリットを感じることがないので、式場専属のウェディングプランナーに依頼するのもよいでしょう。式場専属のウェディングプランナーの場合であれば、演出やプランについて熟知しているので、さまざまなアドバイスを受けることができ、満足する結婚式にすることが期待できます。また、ホテルや専門の結婚式場の場合であれば明瞭会計であることが多いので、どのくらいの予算がかかるのかがはっきりとわかります。さらに、提携先のショップが非常に充実していることが多いので式の段取りのことで頭がいっぱいになっている新郎新婦にとっては、とてもありがたい存在になります。
誰しも初めて経験することで、決定しなければいけない重要なことが多くあるので、自分達だけで結婚式の段取りを決めるのは非常に苦労します。プロの力を借りることで、不安のない状態で当日を迎えるようにしましょう。

結婚式場は専門式場にするといい理由とは?


結婚式場をどこにするのかで、結婚式の雰囲気が決定すると言っても過言ではありません。一般的には、結婚式場は専門式場にした方がいいとされています。なぜなら。多くの専門式場にはそれぞれ歴史があり、伝統をしっかりと守りつつもトレンドも取り入れているので、とても幅広い対応ができるからです。知名度や施設の設備、さらに扱っている商品の豊富さなどは結婚式を専門にしている会場ならではのもので、招待客もとても満足してくれるでしょう。
新郎新婦両方の個性を出すようなインパクトを打ち出すのには不向きかもしれませんが、招待客目線で考えると始終安心して式を楽しむことができます。最近はサプライズな演出も多くありますが、伝統をしっかりと守るのも結婚式においては非常に大事なことです。専門式場だからこその経験に培われた安定した演出もできるので、年配の方を多く招くときにも最適です。
さらに、専門式場であればきちんと伝統に沿った結婚式と披露宴をセットで相談することができるので、式の準備で忙しい新郎新婦にも安心です。また、写真や衣装、そしてお花など結婚式に必要なものは全て結婚式場で揃えることができますし、さらに個人ではなかなか揃えることのできない小物や縁起物まで用意してくれるのも専門式場ならではのメリットです。

理想の結婚式場の選び方とは?


結婚式というのは、人生において一大イベントになりますので、素晴らしい思い出に残るものにしたいものです。したがって、式を成功するためにも結婚式場選びは慎重に行なう必要があります。では、どのようにして選べばいいのでしょうか。
まず、事前に相談会やフェアなどが開催されていたら、必ずそれに参加しましょう。実際にフェアや相談会に参加することで、会場の雰囲気を実感することができ、規模についても把握できます。さらに肝心の費用についても相談することができます。また、フェアに参加することで、割引やその他の特典がある場合もあります。ウェディングプランナーと一緒に相談することで、自分の予算の範囲内で式を挙げることができますので、予算オーバーになることもなく安心です。
また、実際にその式場担当の人とも会話して対応を見極めることもできます。フェアや相談会というのは、式場にとっても見込み客を獲得するための重要な行事なので、真剣に行なうものです。つまり、そのときの対応がそのまま挙式のときの対応になりますので、自分に合った式場なのかを判断することができるということです。
また、無料で会場見学ができる式場もありますので、もしもどうしてもフェアや相談会に参加することができないのであれば、せめて会場だけでも下見に行くといいでしょう。ホームページで見た写真と実際の会場はどうしても雰囲気が異なりますので、自分の理想としている結婚式にするためにも、下見に行くことは大切です。また、実際の式場は交通アクセスがいいかどうかもきちんと確認しておきましょう。遠方からくる招待客が、引き出物を持って帰ることについて考えることも大事です。交通の便が悪いとそれだけ参加するのも帰るのも大変になるので、立地条件というのは非常に大事なことです。

次の記事へ
ブライダルフェア
見学予約
資料請求